FileMaker

FileMaker UIデザインパターン:データピッキング No.1

Youtube.jpg

ソリューションの開発において、データをピッキングする機能は、非常に利用頻度が高いですよね。特に「マスター系」と呼ばれるデータのピッキングは頻繁に使用するUIです。

 

見積書を作成するアプリケーションを例に取ると、自社の商品・サービスが、整然とマスター管理されている場合は、そのマスター情報から見積明細行にデータをピッキングするという操作を実装すると思います。

 

今回はそんなデータピッキングのユーザインタフェースを3パターン、デザインしました。この動画はその3パターンの1つをご紹介しています。

 

※残りの2つについては、順次公開していきます。

 

非常に利用頻度が高いテクニックなので、開発者としての定型的なデザインパターンを持っておくとアプリケーションの開発速度が飛躍的に向上します。

 

また、Ver11以前でのモーダルウィンドウの実装方法や、グラフィックを用いた美しいチェックリストコントロールの実装方法、改行区切りデータ(ValueList)の取り回し方等、応用範囲の広いテクニックも合わせて解説しています。