FileMaker

FileMaker の標準機能のみで TreeView UI を実装する

Youtube.jpg

こんにちは。

株式会社ライジングサン・システムコンサルティングの岩佐です。

こちらの記事では、FileMakerの標準機能のみを使ってTreeView(ツリービュー)と呼ばれる、階層構造をもったデータを視覚的に操作可能なユーザインタフェースの実装方法をご紹介します。

具体的には、こちらのスクリーンショットのような表示方法です。

TreeView_UI_-_2

 

より一般的な表現をすると、MacのFinderやWindowsのExploereで用いられているフォルダ・ファイルの操作性と同じようなことをFileMakerでも実現しようというものです。

このような階層構造をもつデータは、ビジネスソリューションにおいても一般的に用いられることが多いデータ構造です。

例えば販売管理システムなどを想定すると、こちらのスクリーンショットにもあるように、システム内で取り扱う商品をカテゴリー毎に「大分類→中分類→小分類」とグループ化して管理することが多いと思います。

また、在庫管理業務でも、対象商品を大分類・中分類・小分類に階層的にカテゴライズして、分類毎に売上や仕入、在庫管理を行うといったシーンはよく見受けられると思います。

こういった階層構造をもつデータは、MacのFinderやWindowsのExplorerのように、ツリービューとよばれる 表示方法を用いると、より直感的にデータの階層構造を表現することができます。

しかしFileMakerにはツリービューコントロールといったものが提供されていません。

このデモンストレーションでは、JavaScript/JQueryといった外部のテクノロジーに頼ることなく、FileMakerの標準機能のみでTreeViewを実装する方法を解説します。

 

サンファイルのダウンロードはこちらからどうぞ!